したらば 幻想入り経験者・体験談 part1~5

part1

 

自称幻想入り経験者

 

クリックで表示

382 :リンクの人:2009/07/07(火) 12:57:43 ID:95bNzPuU0

ただの思い込み、電波に違いないんだが…。

 

どうやら俺、一度幻想郷に行ったみたいなんだよ。行った先は永遠亭ぽい。

切っ掛けは、全てに絶望して自棄になって服毒自殺した事。

現実には発見が早かったから助かったんだが…向こうでは丸一年過ごしたような気がした。

それからは憑かれた様な現象が起きたり(ちなみにそれで痩せられた)、幻聴が聞こえたり。

で、こっちで彼女ら絵のストラップに触れて、かなり強く念じると、向こうに繋がって念話会話ができるっぽい。めっちゃ疲れるけど。

ただ俺が狂ってるだけだと思うんだが、なんかちっとな…。

 

だからってお前らはやまった真似すんじゃねーぞ。

 

392 :元住民:2009/07/09(木) 07:38:26 id:nLFZ7LRA0

>>391

どうせ夢か妄想扱いされるから書いたことないけど俺も似たような記憶がある

森の中で迷ったらいきなり幻想郷で、俺は10年間あっちに居れた

着いたのは確か赤霧異変の前で こっちでいうと風神録の事件くらいまで居たな

結局紫さんが何やら危険から逃れるためにとか言って俺を外に出して

戻ってきた時はぴったり10年前の元の時間で身体とかもそのままだった

問題は俺のその記憶が始まったのは2002年5月で

まだ紅魔郷も出てないってことなんだ

俺は東方projectはただの創作物なんかじゃない気がしてならない

いや、普通に考えれば俺の妄想なのかもしれないが

でもあの記憶が少なくともただの夢幻とは思えない

 

それにしてもリンクしてるとか羨ましいなあ

俺はどうも皆と二度と会えない気がして悲しい

幻想郷がいくつもある可能性もあるし もしかすると別の幻想郷なのかもしれんが

出来たら妖怪の山の連中が元気にやってるか聞いといてくれ



クソ長いので下参照

https://w.atwiki.jp/gennsoukyou/pages/35.html

 

富士山吉田口にて

 

クリックで表示

475 :名前が無い程度の能力:2009/07/23(木) 04:06:33 id:eBBsuUwM0

吉田口から旧登山道一人で登ってみな。夕方から暗い時間帯にかけて。

二回ぐらい奇妙な幻覚を見て、一回何かに襲われた

 

477 :名前が無い程度の能力:2009/07/24(金) 14:32:55 ID:l/aAsDZY0

この話は三か所ぐらいに書いてる気がする。

ずーっと富士の森林地帯でつづら折りになっている登山道を歩いていると、濃い霧が出てきたんだよね。時間は夏の6時頃だからまだ明るい。

そんなのは山じゃよくある話さ。ただ、その霧の中で立派な屋敷の影が曲がり角の先に見えるんだよ。

しかも頭の中では「ここを曲がると屋敷がある」って妙な確信があるし。まあこれは気のせいなんだろうけど。

夜になると木でおおわれてるから真っ暗になる。どのくらい真っ暗かといえば、自分の手が見えないほど。

しかも懐中電灯の電池がちょうど切れるんだよね、このタイミングで。

まあしばらくすると目が慣れて、道の脇に生えてる草が白くぼんやりと浮かび上がるから、それを頼りに

歩いていたら、急に背中に寒気を感じたんでとっさに頭を左に避けたら、ものすごい勢いで何かが顔の

脇をすっ飛んで行ったんだ。驚いたね。霧は相変わらず出てたし、何か夜の鳥だったんだろう。

その後も霧で視界悪い中、崖のすれすれまで踏み込んじゃったり。一歩多かったら死んでたな。

これが一回目

二度目の登山では、下山するときにもう暗くなってて目も慣れてるから明かりをつけずに一人で降りていたら、

7~6合目付近で後ろから「チッチッチッ」って音が追いかけてきたんだ。叫んでみたら止まったが。

三度目の登山では、また7~6合目付近を降りているときに後ろで女の子の「きゃははは」って笑い声がしたから、

今度こそはと思ってデジカメで写真撮ったけど、何も写ってなかった。残念。

富士山は楽しいところだぜ。

今年も、行こう…

 

part2

 

自称幻想入り経験者

 

クリックで表示

142 :名前が無い程度の能力:2009/10/06(火) 05:05:03 id:GEYWDuig0

眠れない夜に面白そうなスレを発見したので加担しよう。

とりあえず俺の発言もネタか一意見として聞き流してくれて結構。

 

まず幻想入りはこちら側で可能なのは外側の博麗神社に行って結界をくぐり抜けること。

神隠しという手段もあるがこれは向こう側に選択権がありここでは置いておく。

なお不用意に山奥に行っても遭難するか、こちら側の怪奇で死ぬか憑かれるか消されるだけだから要注意。

安易な不思議話を元手に行ったとしても、それが幻想郷に通じるものでなければ意味がない。

 

次に幻想郷に入れた場合、博麗神社境内から入るのが原則だがあの辺りは普通に森だから、本殿のある場所にたどり着けなければ遭難か元の場所に戻るだけ。

ただもしも第三の幻想入り方法である、結界の穴を偶然にもくぐり抜けた場合、そこがどこに繋がるかは分からない。この場合のリスクは高くなるだろう。

 

次に幻想郷での暮らし方だが、普通に神社から来られたなら巫女の紹介で人里に住むことは出来る。田舎的閉鎖社会を思い浮かべるかもしれないが、人間同士助け合おう的風潮があるから村八分とかは普通にしてれば無い。

電気やガスは当然無いが里の中なら井戸もあるし小川も近辺にあるから飲み水には不自由しない。

さて生活の最初は色々と話すことから始まる。外の世界の話はみんな興味あるから聞きたがるし、それが珍しい話なら天狗が聞きに来たり河童から語りに来いと誘われる。

一度里のコミュニティに入れば以後は幻想郷の人間として扱われるから、不用心にしなければ死ぬことは無いだろう。

またこの頃に何が出来るかとか聞かれるから、それに答えればなにかと向きそうな日雇いやら紹介してくれる奴が必ずいる。

その後はそのまま弟子入りしたり居着いたりでなんとなく生涯の仕事になりそう、て流れになる。

これまで外の世界から来て住もうと考えた奴らの就職先は多種多様。普通に畑耕して娘もらってる奴もいれば、何も出来なかったけど勉強して店の経理任されている奴もいる。

 

こちら側でもよく言われるけど、コミュニケーション能力が一番大事だと思うよ。



189 :142:2009/10/07(水) 01:30:04 id:M9LRuYw20

>>146

村八分は>>147の通り、普通の人間なら問題ない。

ここで言う普通の人間とは、性格もそうだが人間という種族であることも大事。

妖怪や妖怪に近しい人間は力が強いから普通の人間にとっては恐れるべき存在だからな。

 

外の世界との常識格差についてだが、大差無いと思う。妖怪がいたりすることぐらいじゃないかな?

 

あと幻想郷に行く方法は神社だけでは無いと言っておく。

だからと言って自殺なんかしても駄目だし、戸籍や記憶を消すのなんて出来たとしても幻想郷には来られないだろう。

 

192 :142:2009/10/07(水) 01:56:02 id:M9LRuYw20

すまないageてしまった。申し訳無い。

さて今日は時間があるからもう少し書いていきます。

 

>>148

結界の構造まではわからないけど博麗神社は外側にもちゃんとあるよ。

 

>>183

妖精は加減を知らないけど普段は弱い。天狗は加減を知ってるけど間違える奴もいるそして強い。

 

>>185

百年前はどうか知らないけど、少なくとも今なら神主の仰る通りでほぼ間違いない。



さて、とりあえず弾幕ごっこについてよく目にするからこれを語ろう。ネタだと思ってくれて結構。

弾幕ごっこは基本的に人間と妖怪の決闘だから普通の人間がやることはまず無い。博麗の巫女のように妖怪と遊べるぐらい鍛えられれば、お遊びとしてやれるんだろうけどね。

普通の人間でも弾幕ごっこが出来るように鍛えるのは可能。一般的なのは道具や魔法を使うこと。森の魔法使いの中には退治屋だったのが魔法に魅入られて、なんて奴もいるらしい。

で、弾が放てるようになったとしてもスペルカードを持てる領域にまではそういけないと思う。力もそうだけど強くて美しくするのはあれは難しい。

もしスペルカードが持てるぐらい力があるなら、飛行は問題なくなるだろう。妖精は力が弱くても飛べるけどね。

 

204 :142:2009/10/08(木) 02:00:35 id:KsuLHVFg0

>>142からの一連の発言者ということで一応名前付けときます。

本日は自殺と山の神社に関して書きます。例によってネタ扱いで結構。

 

自殺をすれば食料としてこちらに行けるというのは外れではないでしょう。

ただその中で行けるのがいるとすれば、一月で数人が限度ではないかな? 今の幻想郷で確実に人喰ってる(飲んでる?)のは吸血鬼ぐらいだろうし。

山の妖怪は外から人攫ってるだとか河童が人間畑作ってるだとか言われてるけど誰も確かめたことは無いしな。

少なくとも言えることは自殺するよりは寿命まで山々歩き回って神社探す方がまだ可能性高いということ。

 

守矢神社はいつの間にか参道まで整備されてあったけど、博麗神社に行くより険しいし妖怪いるし遠いから山の神社の方へ行く人はあまりいない。

里の中に分社があるから普段はそっちに行くけど、博麗神社の分社の方が少し大きくてお守りなんかも売ってるからそっちに行く人も多いね。ついでに厄払いとか頼めるし。

一方で山の本殿は博麗神社より建物自体が大きくて立派。さらに少し登るとまた社とそして湖がある。

社も湖も向こうに元々あったものを重ねて持ってきたそうだ。こちらにもあることはあるけど、それはまた別物だとか。

東風谷さんのご家族は見たことがない。これは推測だけど親はいないんじゃないかな?

 

291 :142:2009/10/12(月) 00:24:51 ID:7aULdt8k0

>>216

妖怪よりは妖精が多いけど、なんだかんだで強い妖怪というのはそんなに出ないよ。

種類なら狸や狐、鳥なんかの妖獣とか、何らかの具象を操るようなのが出る。基本的に昼間の内に帰れるようにしてるから滅多に出ないけど。

 

さて幻想郷の存在空間と時間軸、結界について語られているみたいだから、今回はそれでいこう。

まず時間軸は現在外で流れているものと多少の差はあれど同一と考えていい。

詳しく語ると入る方法とは関係無くなるしややこしいから省略。

次に存在だが、確かに異世界でもなんでもなく地球上に存在するらしい。

結界で隔絶されているから、まあ異次元や異世界といえばそうなんだが。

ただ内部は色々と弄られているから山がない場所に山があったりはすると思う。

 

さて結界については推測が多分に入っているから注意。

外から見た時、この結界はすでに指摘されている通り、二重の結界になっているはず。

例え最初の結界を通り抜けても、歩んでいけばこの第二の結界によりいつの間にか外に排除される。第二の結界が機能していない場所が、いわゆる穴だ。

 

今日はこの辺りで。また質問あれば答えられる範疇で。

例の如くネタ扱いで。

 

296 :142:2009/10/12(月) 02:29:13 ID:7aULdt8k0

>>295

幻想郷の空は外とは異なるし天蓋があるからISSや衛星は見えないだろうね。

グーグルアースでは外側の幻想郷所在地は見えたとしても、それじゃあわからない。

博麗神社の位置は大きくはずれていないはず。もし完全に一致するならそもそも社殿の大きさからして合わないので、それは無いと思う。

もしかしたら合っているかもしれないけど、向こうではたぶんGPS使えないだろうし確認できないだろう。

 

323 :142:2009/10/13(火) 02:39:52 ID:68rs4s6c0

先に>>292 私に言わせるとあれは漫画家自身が描いたイメージで、神主がわざわざ指摘したものではないはず。(三月精で出てきたビル群)

 

さて件の>>291で言った「最初(第一の結界)」と「第二の結界」について説明不足だったようで申し訳無い。

第一の結界とは現と幻、つまり最初に引かれた常識と非常識の境界のことだ。これを通れなければ話にならない。

そして第二の結界というのが博麗大結界のはずだ。内側と同じく普通は通ってもすぐ元の場所か別の場所に辿り着く。

結界の仕組み自体を見たわけではないので肯定はできないが、結界が重なっているというのは間違いじゃないかもしれない。

加えて言うのなら、結界は空間の壁と言えるが、この壁の厚さは1mmとかに考えてちゃいけないと思うんだよねぇ。

 

まぁ例によってネタ扱い。何事も遊びが大事。それでもよければ、解説不足の所や他何かあれば答えられる範疇で。

あとついでにコテハン募集。今後も書き込めるかどうかはわからないけど。

 

372 :幻想学部結界科:2009/10/14(水) 02:47:49 id:FPwo1c6U0

142だけと、コテハン募集で本当に寄せてもらえるとは思わなかった。ありがとうございます。

参考にしいろいろと考えた結果、良さそうならこれでいこうかな。

 

さて最初に幻想郷の結界と、結界そのものを解説し直そう。とはいえ詳しくはないが。

幻想郷は複数の結界により成立しているが、幻と実体の境界、そして常識と非常識の博麗大結界が主。

最初に幻と実体の境界にぶつかるが、これは比較的緩やかなはずだ。いわゆる幻想入りとはこれの所為。

次に博麗大結界。これが幻と実体の境界と互いに補い合い、幻想を強くし、幻想郷の常識を強くする。

これらにより幻想郷は外界と隔絶され、普通に行ってもそこにはただ現実があるだけだ。

この二つの結界は、考えてみれば恐ろしいほど複雑に組成されている。論理的結界たる由縁だろう。

あまり長すぎると結界について後詰まりになりそうなので説明終了。

 

さて結界というものについて。

結界とは基本的に場を区別するもの。密室などはまさに壁とドアと窓により隔離された一種の結界を張られた場となる。

一般的に身近な結界は、神社や寺などの神域・聖域の類。そして家となる。家が持つ結界としての能力はかなり強固と言っていい。

結界を形作るものは様々で、柵や扉などの物理的なものと、道祖神や鳥居などの精神的なものに大別される。

幻想郷を隔離する結界は精神的なもので、博麗神社を基点としている。ただし博麗神社はシンボルであり絶対ではない。

話を戻し、結構議論になっている結界の厚さについて。

結界は境界線と言えるが、この線の厚さはゼロであることの方が稀。博麗神社が境界線上にあることをお忘れなく。

 

392 :幻想学部結界科:2009/10/15(木) 01:29:20 id:a7LojCZk0

コテハン増えたなぁw>>386が言わんとすることがわからなくもない。

ただ私の場合は一連の発言にそれなりの責任を持ちたいので、どうかご容赦頂きたい。

 

とりあえず境界は厚みがある説の立場になってるので、それを解説。あとスキマについて。

階段を思い浮かべてくれるとこれはわかりやすいと思うが、例えば一階を外、二階を幻想郷とする。

これを繋ぐのが階段すなわち結界だ。では階段にいる場合それは外と幻想郷のどちらに属するかと言えば、結界の中としか言いようがない。

結界の中は両者の世界が入り込むので、曖昧な世界と言える。よく「霧に包まれたら」などの表現で別世界に行く話があるがそんな感じ。

この場合問題になるのは「境界自身が厚みを持つなら、その外との境界はなんだろうか?」ということだが、簡単に言えば「なにもない」だろう。

そして「境界を厚くする必要性はあるのか?」だが、これは推測だが可能な限り緩やかにするためだろう。

幻想郷は外と接していなければ成立しない。その上で幻想郷という異世界を維持するには、外と急激に隔離されるより緩やかに接続される方が維持しやすい。

この緩やかな境界については三途の川が一番わかりやすいだろうか。三途の川は彼岸と此岸の境界ではあるが、三途の川として存在している。

 

そしてスキマ。

あれは局所的に発生する境界であり、>>384の通りどこでもドアと言って差し支えないと思う。

ただ厚みは本人次第でもあると考える。つまりスキマ内部空間が存在するということだ。

おとないさん、という怪談がある。幽霊が襖などがわずかに空いている隙間からこちらを覗くと言われる。

隙間とはまさに空間と空間の境にある「隙間」という名の境界であり、不思議空間でもある。

 

そして最後に>>387

・結界に体の一部を入れるとどうなるのか。

厚みがある説の通りなら、何事もなかったかのようにそこにあるはず。

ただしその先に進むと「なんだか薄暗くなってきた」「さっきまでと景色が違う」とかになってくる。

 

・結界とはどのような仕組み(構造、作用)なのか。

何らかの物体や力を元に或いは基点として発生させる隔壁または空間となる。構造や作用は術者次第。

 

・それに伴い、結界を通れるものと通れないものの違いは何か。

神社にあるものは通常、穢れを通さないことを基本とする霊的なものとなる。泥棒対策は警備会社やシャッターの方が良い。

このように結界とはある種の目的のために作られるものなので、通す通さないの基準は術者の判断となる。

 

・幻想郷はどのような意味でこちら側と陸続きなのか。

陸上にあり、歩いて行けるという意味で陸続き。言うなれば山間部の集落は確かに陸続きだが、道路一本が塞がれれば陸の孤島となる。でも山村は確かに陸続きである。

 

・我々はどうやったら結界を通れるのか。

誰でも日常的に結界は通っている。それは神社の鳥居であったり家の玄関であったりで、何気ないが確かに存在する。

幻想郷の結界という意味なら、何十年と修行するよりも酒を飲んで夢見ごこちに行く方が行きやすいとは思う。

 

411 :幻想学部結界科:2009/10/15(木) 22:22:54 id:ntjoNc0.0

>>399用にとりあえず私のを三行でまとめよう。

結界とは線でもあるけど一種の空間でもあるので厚みがあるよ。

その厚い結界の壁に囲まれているのが幻想郷だよ。入るには修行するより酒飲んだ方がいいよ。

幻想郷は現代人にしてみたら厳しいだろうけど人間が人間を奴隷にするような所じゃないよ。

 

改めて>>387に幻想郷基準で答えてみる。

・結界に体の一部を入れるとどうなるのか。

>>392

 

・結界とはどのような仕組み(構造、作用)なのか。

作用に関して言えば、幻と実体の境界と博麗大結界についての神主資料通り。

両者共に単純なように見えて、非常に複雑な意味と力を持つ。

 

・それに伴い、結界を通れるものと通れないものの違いは何か。

それぞれの結界に組み込まれた原則と解釈、そして判断次第。

 

・幻想郷はどのような意味でこちら側と陸続きなのか。

>>392

 

・我々はどうやったら結界を通れるのか。

>>392

 

>>395 >>398

幻想郷ではスペルカードルールに代表されるように、名前とその意味、つまり言葉と言霊が重要とされている。

これは一つの言葉や単語に複数の意味を込められることで、字面以上の力を持たせることが可能だからだ。

例えば霊夢の能力「主に空を飛ぶ程度の能力」を単純に空を飛べるだけと考えているわけではないだろう?

それと同じ事で、「幻と実体」「常識と非常識」が単純に二分するだけなのかどうかを考えれば、そうではないことがわかるだろう。

ならば精神や無生物が除外されるのか、この結界がシンプルなのか否かも答えが出ると思う。

 

>>406

幻想郷のある基本的な部分は存在する。ただそれは変哲のない森かもしれないし、町かもしれない。

ただし幻想郷は外側との地形や広さとは必ずしも合致しない。

 

412 :幻想学部結界科:2009/10/15(木) 22:44:09 id:ntjoNc0.0

さて、数日ほど出かけてくるのでその間に質問とかある方々は申し訳無い。しばらくお待ちいただきたい。

 

とりあえず>>409に関連して

度々「結界を緩める」「穴を開ける」などと言う意見はあるけど、それは無理だし止めた方が良い。

八雲紫に限らず幻想郷の妖怪の多くは道理を求める。結界を壊すような真似はそうではない。

本当に幻想郷に死んででも行きたいのなら、自殺する方がまだ可能性があると言えよう。

 

生きて入りたいのなら繰り返すけど外の博麗神社を探し、普通に入ること。

それは見つかりづらいし結界は越えられないかもしれないが、少なくとも見つからないわけではない。

入ったとしてすぐに喰われるかもしれないし、単なる熊や猪に襲われて死ぬかもしれない。当然ネットも無い。

それでも行きたければ探すことだ。外の博麗神社は確かに存在する。

 

550 :幻想学部結界科:2009/10/20(火) 00:54:40 id:LRpaUaL60

ちょっと流れ割って気になる点について

 

・心霊スポットは幻想郷に通じるか?

場所によってはあるかもしれないが、そうした場所は本物だとしても幻想郷には通じないだろう。

基本的に本物の心霊スポットの多くは外の世界における神・霊の類が関与しているものであり、幻想郷とは関係がない。

幻想入りにしても、霊的なことや地図や記憶から忘れ去られたというのは絶対条件ではない。

 

・結界の中和と作成方法と形

結界はそもそもATフィールドのように中和はできない。通るのならば単純に通過するか穴を開けるかしかない。

また幻想郷の結界に限らず、多くの結界は地脈などの外のものに依存しない。

作成方法については注連縄などの道具を使用するのが最も簡単だろう。幻想郷入りに使えはしないだろうけど。

現地で妖怪を相手にしたいのならば、攻撃方法防御方法を考えるより食料品をどれだけ持って行けるかを考えた方が良い。

そして結界の形についてだが、平面であり円柱とも言える。物理的には説明できない。

 

さて、結界や幻想郷に入る方法でそれぞれに考えがある以上、様々な意見が出るのは当然だ。

しかし結界とはなにか?幻想郷とはなにか?なぜ行きたいのか?一度振り返って欲しい。

 

552 :幻想学部結界科:2009/10/20(火) 01:08:10 id:LRpaUaL60

それでは原点に立ち返り、現実的に生きて幻想郷に行く方法について書こう。

 

・博麗神社を探しだし、周囲を探索する。一人宴会でもしてみる。

 

これだけ。あまり破壊するだのなんだのと難しいことを考える必要は無い。

他にも方法はあるけど、普通にただの人間が生きて入る所まで行きたいのならこれしかないだろう。

どちらにせよ中に入ったらまず普通なら出られないことは覚悟しておこう。

 

594 :幻想学部結界科:2009/10/21(水) 03:16:43 id:k9J0Dtqk0

>>553-554 ただいま。資料確認と調達に手間取ってしまった。

本当にそろそろまとめページが必要じゃないのかと思うのはさておき、>>446-448の結界の中和についてもう少し。

 

なぜ結界の中和というのができないのかと言えば、他者が同じ結界を作ることは基本的に出来ないからだ。

道具に起因したりするのであれば別だが、ここで語られている実際に顕現できるようなレベルではまず不可能。

他にも例外はあるが、幻想郷の結界にはこれは使えないので除外する。

 

さて、幻想郷の結界を通りたい或いは通りやすくしたいという考えに対していくつか。

・精神的な豊かさ

は自発的に幻想郷に行くのであれば、そもそもその精神だけで充分と言える。

仏の顔を持ったりする必要は無いし、それこそ金にしか目がないような人間の方が入りやすい(食料として)

でも実際に社会生活をする上で精神的に豊かになるべきだとは思うよ。

 

・妖怪に近付く(人間離れする)

ただの人間より長命になったり活動的になれるという、探索する意味では良いだろう。

まず変人か地縛霊か都市伝説になるだけで終わるだろうけど。

 

・宴会をすれば行ける?

簡潔に言えば酒飲んで酔っぱらって朦朧とすると、夢と現の区別がつきにくくなる。

他にも色々あるけど、一番重要なのは恐らくこれ。

関連して何人かで宴会すると~や数十人で~では幻想郷に入る確率は低くなる。

他者がいるということはすなわち観測者がいるということで、幻想化はしにくい。

幽霊が出る事故現場に数百人が押し寄せて何か出ると思う人はいないだろう?そういうこと。

 

>>580

幻想郷のことが幻想以上の確固たる存在として多くの人間に認知されることはない。

幻想郷を出られる者は少なく、また八雲紫によって監視されているも同然だからだ。

まぁ幻想郷を出入りできる者は幻想郷を壊したいなどとは思わないから口外はしないか、もしくは仄めかす程度はできる。明確にどこそこにあるとは書き込めないが。

何故そんなことが許されるのか理由はあるが、それは推測するに留まっている。

 

606 :幻想学部結界科:2009/10/22(木) 02:31:53 id:IXqQMB6A0

>>597

いろいろと端折らざるを得ないので理解しにくくなっているのは申し訳無い。

ただ何分書ける部分でも正確な資料は少なく、多くが口伝や感覚的なものになってしまうので、とりあえず自分で理解できている部分から書いていこう。

 

結界の中和、そもそも同じ結界を作ることや接続することは、簡単なものでも難しい。

例えば地面に自分を囲む円を描き、これを結界とする。他者が介入しようとした場合、同様に円を隣接して描き、重なる線を消せば繋がる。

だが二つの円が繋がった眼鏡型のそれは、自分と他者の円が混在した物であり、決して「自分の結界」「他者の結界」にはならない。

より高位の結界では自身をいわば不純にしないよう、他者による結界改変行為を「穢れ」として祓う。

 

ではまったく同じ結界ならば接続できるのかと言えば、それ自体は机上では可能。ただし、

高位な結界を形成するレベルの複雑な式は、言うなればプログラミング言語そのものがそれぞれに異なる。

純化され誰しもが使える言語レベルのものは、発動や維持、強さが術者個人の力に大きく依存する。またその力は逆に術者を特定する。

つまり普通なら読めないほどの莫大な数式を解くか、術者と寸分違わぬ力を発揮するかでしか、他者から結界を中和するという作業はできない。

 

どうせ長文になるので、ついでに大人数では結界越えが難しい理由についても書いておこう。

>>594に書いたとおり観測者がいると通りにくいが、なぜ観測者がいるとそうなるのだろうか?

他者の目とは常に自分とは違う視点でものを見ている。同じものを見て同じことを考えるとは限らない。

例えば神社で宴会したとする。誰かがふとどこかへ行こうとすれば、人は「どうした?」と問いかけるものだ。

外の世界の人間は強く外の世界に存在を縛られていると言っても過言ではない。誰しも「お国柄」が出てしまうのと同じだ。

幻想郷に行くと言うことは幻想郷側に存在を縛り直すことになるが、その最中にいわば「此の世」から呼びかけられれば、当然呼び止められる。

それは人数が多くなればなるほどそうなるし、そもそも外の人間の存在自体がその場において「外の世界の常識」を強くさせることにもなる。

実体が強くなれば反対に幻はより幻となる。だから人数が多くなればなるほど、幻は遠のくことになる。

 

これでもまだ分かりにくいようであれば、また説明し直します。一応久々に書くけど、ネタ扱いか一意見ということで一つ。



617 :幻想学部結界科:2009/10/23(金) 03:22:24 id:bXc36JaQ0

>>607

光と影というより光と闇と言った方が近いと思う。

闇もまた光が強くなれば~と言う、そして光無き世界でも闇は存在できる。

あと携帯ぐらいなんでもない。もちろん限度はあるだろうけど。

 

>>615

過疎でいいよ。ゆっくりとしている方が急な流れよりも話を読みやすい。

さて資料についてだけど、これはなんでもない古文書や風土記がほとんどとなる。そこからどれだけ読み取れるかが重要。

今回>>606を書くに当たっては比較的信頼できる情報を選定しているが、選定は主観に基づくものだから絶対とも言えない。

あまり資料については語れないけど一つ言えば、結界についてずばり書いてあるようなものもある。胡散臭いけど。

 

曖昧な式云々については、こちらも一意見という立場である以上、特に言えることはない。



最後に結界の構成と力について補足すると、ある種の強力な結界は術者のみが知る言語で組み立てられていると言える。

つまりプログラムを解読するより先に、どういう言語なのかを解読しなければならない。文字が読めないのでは仕方が無い。

そして力について。この「力」とは個人や道具に由来する固有のパターンも含めるので、普通は真似できない。

漫画的に例えるなら「私はご主人様のご命令以外受け付けません」

 

622 :幻想学部結界科:2009/10/24(土) 03:35:14 ID:/jokudUM0

なんか大学内の学部スレみたいになってきたなぁ。

 

>>618

妖怪として生まれたのならともかく、現代の普通の外の人間が妖怪となるより幻想郷探す方が早いし確実だよ。

もっとも人と人外の境界を弄れば簡単なんだけどねぇ。最近は都市伝説になる方が近いけど。

でもまぁ妖怪、それも都市伝説などではない妖怪になる方法は未だに外にもあるから>>621吸血鬼志望の方には頑張っていただきたい。

 

>>620

言語、プログラム、式、そうした言葉は便宜上のもので実際にC言語とかを使うようにしているわけではない。

詳細は語れないが、言語というのは術者の血だとか指紋だと筆跡だとか、そういうものだと考えて欲しい。

そして幻想郷の結界は>>619の言葉を借りるのなら、解除しにくく壊れにくい。単純にしか見えなくて、複雑だから。

 

神様とかに会ったよというお話

 

クリックで表示

859 :名前が無い程度の能力:2009/11/18(水) 04:47:37 id:mY4ZVpCo0

コテハン付けない流れになったので名無しで行きます。

とはいえ魂魄云々という最近の話に今更加わるのは何なので、一つ真面目に非科学的な話をしよう。

話をぶった切る形になってしまい申し訳無いが、非科学派(便宜上そう呼ぶ)の方々は科学的考察の流れは苦手だろうから、彼らのしばらくの退屈凌ぎとして許されたい。

なおこれからする話はネタ扱いで頼みます。あと、流れ自体はどうかそのまま進行していただけるよう、私が言うのはなんですがお願いします。

 

これからする話は博麗霊夢霧雨魔理沙が出てくるような話ではありません。

しかし幻想郷に入る方法を模索するのなら、思考の瓶を埋める一滴程度にはなるでしょう。

 

これは私が東方を知った後の話になります。

当時の私はすでにいくつかの不思議な体験を通じて、妖怪やら結界やらの存在をごく当たり前のものとして認識していましたが、それでも常日頃から猫が喋りかけてくるだとか、人気のない道に迷い込んだら異空間だった、などということはありませんでした。

ある日、小旅行とばかりに日帰りである町の神社や仏閣を巡っていた時の話です。

別に観光名所になるほどでもないその神社は、町中から少し離れた場所にあり、鎮守の森が深々とある実に神社らしい神社と呼べるものでした。

小さい社殿を見て回ったり写真に収めたり、周囲の森を少しばかり探索したりとしていたらその日の最後に立ち寄ったこともあり、気がつけば夕暮れ。

神社の由来を書いた立て札も無く、また管理者の方に話を聞くだけの時間は無いと判断し、まあいいやという気持ちで私はその神社を後にしようとしました。

 

すると背後から私を呼ぶ声がしたのです。振り返ると白い装束を身に纏った女性が社殿の階段部分に座っており、手招きをしていました。招かれるままに近付くと彼女は腹が減ったと言い、私がおやつ用にと持っていた菓子を要求してきました。当然この菓子を手に持っていたわけはなく、神社内で取り出したことも、そもそもその時、境内に私以外の人間が立ち入った気配はありません。

大方察したので大人しく菓子を渡すと、彼女は食べるでもなく「ありがとう」と言い、幽霊が消えるかのようにその場で消えてしまいました。

だからといってこういう場合、何かお金を拾うだとかそうしたご利益はありません。気分はよいものの若干損をしたと思いながら、鳥居をくぐって外に出ました。

不思議なことに夕焼け空が段々と明るくなっていき、階段を降りきる頃にはすっかり昼間の天気そのもの。携帯を確かめてみると時間は私が来た時から十分程度しか経っていなく、一方で腕時計は確かに夕方の頃を指していました。

 

おかげで近くにある神社の管理者の方に話を伺うことができましたが、特筆すべきことはありません。その後なにか良いことがあったというわけでもありませんでした。

ただ私の中では神様と軽く話ができた数少ない体験談として、一つお話させていただきました。

 

以上、書き慣れていないので読みづらいとは思いますが、どうかご容赦ください。

今回はソフトに神様の話でしたが、次回があれば妖怪やら結界やらについても話がある(というか先にそっちからやれば良かったか)ので、書いても良いということであればまた書きたいと思います。

 

877 :名前が無い程度の能力:2009/11/18(水) 22:51:06 id:HrTlMtCw0

さて質問に対するお答えを。

その女性を神様と感じたのは直感や雰囲気などもありますが、それまでにも同じような人外に出会ったことがあったという経験が一番でしょう。見慣れていた、とでも言うべきか。

 

885 :名前が無い程度の能力:2009/11/19(木) 01:12:31 id:fUCdl8DE0

それもまた日帰り小旅行での神社仏閣巡りだった。

元より観光名所でもなんでもない田舎町を気ままに一人旅というのが好きだったが、

それまでに不思議体験を色々としていたことや、東方を知った後だったということもあり

以前より興味を持って巡るようになった頃で、また神社を優先して見るようになった時期だ。

その時は早朝から電車に乗って、山がすぐ近くにある町まで赴いた。

山の中に神社があるということでバスで行き、参拝して由来を聞いてと一通り終えて私は

駅へ向かうバスに乗り込んだ。

しばらく山沿いにバスが進んでいくと、参道の階段と思しき階段が車窓から見えた。

バス停がすぐだったこともあり急いで降りて、その上にあるであろう神社を目指した。

階段と山道を抜けると、そこには朽ちかけた社が一つあった。地方の小さな所では金が無い

ために修繕されないのはよくある話で、かといって宮大工に頼めるほどの財力も私にはない。

見える所で落ち葉などを払って、供え用の饅頭を置いてから私はこの神社の由来を調べ

られないか周囲を見渡した。

するといつの間にか私の足元に二匹の犬が座り込んでいた。

犬が苦手な私はすぐさま逃げようかと思ったが、その前に犬の方から話しかけられてしまった。

話によれば、その犬はこの山神に仕える狛犬だった。確かに社の前に並んでいた狛犬は、

台座から上が無かった。

話というのはなんということはない、神社の由来や最近の状況などだった。

その神社はこの辺りの山神を祀ったもので、昔はきちんと人も来ていたそうだ。

しかし近くの山に新しい神社が出来て以来、参拝者も少なくなりついに山神様は消えてしまった。

狛犬達は社のある限り守ろうとずっといたが、ここに来て自分達も消えると言った。

消える前に私が来たので、せめて誰かに聞かせておこうと思ったそうだ。

 

私は私で東方やっていたということもあり「幻想郷とかに行けないのか?」と尋ねた。

狛犬達は「我らが行くべき場所ではないし、そもそも山神様がいないのでは意味がない」

そういう主旨のことを言っていた。怒られそうなのでそれ以上は聞けず。

彼らに背中を見送られ私は山を下りた。

嫌な予感はしたが、バス停に向かうとバス停が無かった。

戻って見ると階段も無ければ獣道すら無いという有様。

幸い山沿いに戻れば最初の神社があることを知っていたので、延々と歩いて戻るハメに。

ああ当然地図にそんな神社あるわけもなく、最初の神社の人も知らなかった。



以上で狛犬妖怪と神社の話は終了。

明日辺りもまた話をしたいと思うけど、少女妖怪に出会った話と

私が結界とかいうものに初めて触れた話とどちらが良いだろうか?

 

どちらにしても胡散臭いネタ話と思っていただいて結構。

また他に疑問点などあれば、答えられる範囲でなら答えたいと思います

 

891 :名前が無い程度の能力:2009/11/19(木) 01:59:09 ID:8fuKOuRk0

>>885

とりあえずそこが何処なのか教えてくれないかな

正確に分からなかったりするなら都道府県だけでも頼む

行ける範囲内なら私も行ってみたい

 

902 :名前が無い程度の能力:2009/11/20(金) 04:25:34 ID:5dyo0xaE0

>>891

北関東某所とだけ。

こういう不思議な場所はどこにでもあるから、身近な場所から探索してみても良いと思う。

ただ一般的なマナーもそうだけど、行く場所の土地柄はしっかりと調べてから行こう。

それから慣れない内は次のことだけは絶対に守って欲しい。

 

1に夜の山と海には近付かないこと。特に道路しかないような場所は絶対にだめだ。

2に祠や御神体の類は丁重に、挨拶はしても手出しはするな。

3にその土地の土や石、特に山のものは持ち帰らない。自然保護の観点だけでなく、

たまに危険なことがある。

4にその土地の人に注意されたことは守ること。特に見るな聞くな行くなは絶対だ。

上手くやれば話を聞くことはできるかもしれないが、この手の場合はオカルトの領域で

幻想郷とはまず無縁だからあまり意味はない。

5に出かける場所や日程は身内には伝えておくこと。

 

他にもあるけど、とりあえずこんだけ守ってくれれば良い。

 

903 :名前が無い程度の能力:2009/11/20(金) 04:27:04 ID:5dyo0xaE0

さて今回は本領の結界話といこう。

結界は以前説明したように、線で囲んでもそれと示すことが出来る。

だが漫画のような力を持った結界というのを日常生活で感じることはまず無いし、

自分で結界を作る術など普通は知らないし、やれない生活の方が平和的だろう。

その事は念頭に置いておいて欲しい。

 

私が護法として結界を作れるようになったのは、悪霊が襲ってきたとかの理由じゃない。

身近に霊能力者がいるわけでもないので、とりあえず神社の御神酒やお守りを買ったり、

般若心経や大祓詞をとりあえず唱えてみるところから始まった。

だが当然こんなので結界が作れたかどうかなど確認しようがない。

かといって悪霊とかをわざわざ呼び出すなんてできないので、その後も確かめようもなく

地道にネットを漁ったり図書館行ったりして、結界に関する情報を探していた。

そんなある日、お馴染みの日帰り旅行にと山村へと出かけ、山のお寺を拝観した帰り道のことだ。

地方のバスはご存知の通り距離運賃制だ。お昼も家から持参の私は当然ケチる。

山道とはいえ自動車道だったし時間はまだ昼と言って良い。麓からバスでそんなに時間も

かかっていなかったことから、私は運動がてら歩きで降りることにした。

その途中で登山道(と言っても低い山なのでハイキングコースレベルだったが)

を見つけた。それなりに登山向けの準備をしていたので、時間短縮にと登山道を降りた。

半分ぐらい下っただろうというあたりで休憩出来そうな大岩があったので腰掛けた。

しばらく休んでいると、不意に嫌な感じがした。風の音すら聞こえなくなっていた。

まずいとは思いつつも下手に動けば危ないので、試しに結界を張ってみることにした。

しばらくすると、テレビで見るような人並みに大きい白い大蛇が登ってきた。

その大蛇は目の前まで来るとこちらを睨み付け、周囲をしばらくうろうろしていた。

しかしどうやら結界を張った内側には来れないらしく、まるで飽きたかのようにまた登っていった。

去り際に野太い女が小馬鹿にしたかのような声で笑っていたが、

たぶん震えてたこちらをただ馬鹿にしていただけだと思う。

ようやく気配が無くなって山から抜け出した後、道祖神か知らないがお地蔵様があったので

挨拶すると、なんとなく気分が晴れた。

その後もこの結界で何度か助かってる気はするが、そんなに危ない目にあったわけではないので

未だに半信半疑のまま使っている。



以上が結界話でした。

なおこの結界の作り方は問題が起きても困るので、教えたくないことを予めご了承ください。

次回があれば少女妖怪の話でもして、1000も近いので要望が無ければそれで締めようと思います。

 

916 :名前が無い程度の能力:2009/11/21(土) 01:18:06 id:fsSu1dkI0

ID:5dyo0xaE0です。

まず最初に言い回しが過ぎて遠回りになってしまったことを謝りたい。

これらの話の真偽はさておき、決して悪意や荒らし目的ではないことはどうか理解していただきたい。

以下長くなってしまう話になるが、今までに書き込んだ意図を話したいと思います。



>>906でも言われたように、場所や方法などの決定的と言える情報を教えられないのは、

下手に教えれば現地に迷惑がかかる可能性や、危険性が生じると思ったからです。

危険性というのは他でもない。幸いにして今私は生きているが、もしかしたら死んでいたかもしれない経験もこれまでに経験している。

恥ずかしながら>>902で注意するようにと書いた中には体験談からのものもある。

だから示唆することや助言は出来ても、詳しくは教えられない。

また曖昧にすることは、私の考え通りならそれが大切なことだからだ。

 

さてそもそも変なオカルト紛いの話をしてきたのには理由がある。

非科学派のためということもあるが、なにより非科学的な存在があるかもしれないと思って欲しかったという思いもある。

そしてそんな不思議体験を色々としていても、私が未だ幻想郷に住んでいないこともだ。

私が安倍晴明の子孫だったり霊能力者の身内でもいれば、もしかしたらすでに幻想郷住民になってかもしれないが、残念ながらそうではない。

霊能力という物があるのなら、せいぜい人並みだろう。

しかしその程度の私でも、非常識な存在に出会えたりしたことは、裏を返せば誰でも神様や妖怪に出会えるかもしれないということだ。

 

私は幻想の欠片とでも言うべき彼らの存在を通じて、幻想郷を探している。

今のところ彼らの語る幻想郷が東方projectにおける幻想郷なのか、昔話の幻想郷なのか分からない。

一般的なオカルト話や妖怪話とは随分違う経験もしてるので、ほとんどが狐か狸に化かされたのかもしれないし、

実は科学的に説明できる単なる物理現象なのかもしれない。

それでも私は、彼らがいるかもしれないと思う。彼らは幻想の存在だから確固たるものではいけないし、いなくなってもだめだ。

何かが消えたり無くなったりすることは非常に寂しい物だ。そして人が彼らと触れることのない世の中はどれだけ寂しいことだろうか。

そうなった頃には、我々のようなただの人間では幻想郷を見つけることは出来ないだろう。

そうならない為にも、少しで良いからこの世界には非常識な奴らがいることを信じて欲しい。

これはきっと住民の皆にも無益ではないはずだ。

以上が真意だが、要約すれば、

非常識な現象は今でもあるし、誰でも神様や妖怪を見る可能性がある。

そんな幻想にふれ合えば、そのうち幻想郷にたどり着けるかもしれない。

だが何よりも我々は、彼らをすべて幻想としてしまえば道すら無くなるだろう。

だから私は幻想郷探しの一助として、まず彼らがいるかもしれないことを語ってみた。

願はくばこれを語りて平地人を戦慄せしめよ。とは柳田国男先生の談。

 

しかし幻想郷探しを焦る気持ちは分かるし、決定的ではないのは確か。

いくら神様や妖怪が出てきたとしても、博麗神社や霊夢の名前が出なければここには無用。

そんな質疑ではなく怒りが来る程度の話をしても仕方が無いので、これで締めます。

変な話でも、それなりに興味を持ってくださった方々には感謝御礼申し上げる次第。

part4

 

不思議な神社

 

クリックで表示

411 :名前が無い程度の能力:2010/08/25(水) 04:36:39 ID:6Ssm0PuIO

夜2時過ぎぐらいだったが先程、ちょっと唐突にサイクリングがしたくなって、行ってきた。

行き先も時間も決めてなかったからとりあえず月を目指して進んでみた。

家の近くは東京とはいえかなり自然が残っている感じ、暗い坂道を登ったり降りたりしていると道のはじっこに神社が見えた。

とりま参拝して帰ろうかと思ったんだが、その神社がなんだか不思議な感じだった。

まず境内には白熱灯の街灯があったが夏の夜にも係わらず虫一匹足りとも飛んでない。

次に賽銭箱があきらかに変な位置にある。具体的には本来あるべき位置から、そのまま賽銭箱一つ分、右にスライドしたような感じ。最後に鳥居がいくら探してもなかった。神社ってみんな鳥居があると思っていたがもしかして違うのかな?

とりま参拝はすませたがなんかそのあと鳥肌が立つぐらい肌寒くなってきたので帰宅した。

長々書いたが、ほかにもこんな感じの神社はあるんだろうか?誰か知らない?

 

415 :名前が無い程度の能力:2010/08/25(水) 19:43:08 ID:Xv/jw9hM0

>>411

鳥居のない神社としては調神社が有名だね

賽銭箱ずれてるのは・・・神社の真ん中は一応神様の通り道ってことになってるから空けてる、とかかもね

あととても夢のない話だが、深夜は虫もどっかで休んでいなくなってたりすることが結構ある、経験則だからどこ行ってるかは知らないがw

 

part5

予知夢

 

クリックで表示

136 :名前が無い程度の能力:2010/11/14(日) 23:04:58 id:QV7Bj6aU0

多分どうでもいいと思うことなんだが、

このスレ見てたら紅葉で真っ赤になった滝と女性が出る夢を見た。

その滝は祈願すると傷が治るというもので、昔事故で見えなくなった右目を治すために行ったっぽい。

それで滝に祈願してたら後ろから女性に「こんにちは」って言われた。

振り返ると後ろに女性がいてその後少し話したと思うんだがなんせ夢なもんではっきりしない。

 

たまにこういう予知夢的なものを見るので一応報告

これは明らかに妄言と思われても仕方ないので信じる信じないは読む人次第でよろしく

 

137 :名前が無い程度の能力:2010/11/14(日) 23:12:38 id:QV7Bj6aU0

追記&連レス失礼

ここに↑のを書いたのは俺が見る予知夢は

それをしていた時に関連することを見るからです。

改めて言うが妄言と思われても仕方無いんで信じる方だけどうぞ

 

145 :名前が無い程度の能力:2010/11/15(月) 00:34:53 id:R3VCis.g0

祈願すると目が治る滝に居たら紫らしき人物に話しかける予知夢を見た

だからその滝を見つけてそこに行けば紫に会えるかもしれない

ということかな、その女の人他に何か喋らなかった?

 

まあ、その滝が見つかるといいな。現実じゃなくて夢の中でもいいけど、とにかく滝が見つからないと話が進まない。

妄言云々は自分が妄言言ってると思ってないなら、気にしなくていいと思うよ。

外の博麗神社を見つける手がかりならともかく、他はほぼ全て非常識なことなんだし。

 

188 :名前が無い程度の能力:2010/11/16(火) 01:54:49 id:QzYnOhTkO

夢見た人の言ってた滝の事だけど、どうも佐賀県に有る『観音の滝』って所が完全に一致してる、眼病とかが治る所とか紅葉が綺麗な所とかそこまで大きな滝でない所と、かまあもっと詳しくしりたかったらググってくれ、ここじゃあ書ききれない。

 

自称幻想入り経験者

 

クリックで表示

198 :名前がない程度の能力:2010/11/16(火) 21:58:29 id:sUNT34Uc0

飛び入り参加で申し訳ないが

 

まさか幻想郷に行きたい人たちがいるとは驚きだ

まとめのほう見せてもらいましたが幻想郷の住人が書き込みしてるみたいです。

信じてもらえるか分かりませんが私は幻想入りの経験がございます。

ZUN氏が東方紅魔郷作る前だから九年くらい前ですか

ある入り口を通って幻想入りしました。

それで幻想郷の博麗神社で居候として暮らしてました。

紅魔郷星蓮船までの間ずっと

今は外界に住んでます。

もちろん能力も使えます。

スペルも使ってましたが置いてきました。

まあこっちだと能力にリミットかけられます。

基本紅魔郷から星蓮船まで霊夢たちと一緒に戦ってました。

まあ二つ名は語るほどのものじゃありませんが

そういえば幻想郷にいたときZUN氏が公式サイト改装するためにタイトルバックを霊夢魔理沙と私で一緒に作っていたときに魔理沙がミスして

ホームページ入り口の

ようこそ

よおこそ

に間違ってましたね。

今でもよおこそですよ

 

話は変わりますがスレまとめの永遠停に住んでた人はあの時の方ですか?

もし見てたらお答えください。

それによって私も通ってきた入り口のこと

その他いろいろお答え出来る可能性があります。

鈴仙に言ってください。

こっちからも幽香に伝えておきました。

異変について

もうじき戻ります。

 

207 :自称幻想郷の人:2010/11/17(水) 19:11:34 id:XKEFGcqE0

本当のこと言うと幻想入りではなく幻想郷に住んでます。

幻想郷は案外身近にあります。

諏訪神社は長野だけではありません。

 

風神禄の時長野のことを少し入れたとネットで言われていますが祀ってある神様が同じだけです。

ちなみにZUNさん本人も長野が幻想郷ではないと言ってますね。

幻想郷というのは存在しません。博麗大結界のことは後々説明します。

ただモデルとなっている土地が存在するのは事実と言っておきましょう。

それは東北地方に存在します。

 

大ヒント

岩手県秋田県

これのどちらかが幻想郷です。

そして幻想郷の最高神

龍についての伝説が秋田県岩手県に残ってます。

八雲紫には説明してあるので

紅魔館に近づく時はルーミアに食べられないように

以上

 

209 :自称幻想郷の人:2010/11/17(水) 19:34:25 id:XKEFGcqE0

秋田諏訪宮

祀ってある神様 八坂の神様

周辺に天狗森という森と湖がございます。

太陽の畑

秋田県八郎潟という場所の大潟村周辺

花が毎年春から夏になると咲き誇ってます。

幻想郷の最高神龍について

八郎太郎伝説をググっていただくと助かります。

 

213 :自称幻想郷の人:2010/11/17(水) 20:27:33 id:XKEFGcqE0

外の知識を身につける修行ですかねー

 

霊的な知識

 

外の世界のアニミズム(精神世界)のこととか

 

あとは科学の知識ですかね



225 :自称幻想郷の人:2010/11/17(水) 21:37:32 id:XKEFGcqE0

幻想郷に行ったことがある人が何人かいるみたいですが、本当に行ったのならどういう行き方で行ったのかを教えていただけますか?

たしか父方の祖母から聞いた話ですが、昔岩手県のスキマ妖怪が八郎潟を埋め立てる以前の時代に八郎潟にやってきてその地を妖怪たちが暮らせる土地にしたとか話してました。

父方の祖母は昔からスキマ妖怪と花の妖怪と友達で遊んでいたとか言っていました。日傘をさした若い女の人がよく遊びにきていました。

 

230 :自称幻想郷の人:2010/11/18(木) 03:36:10 ID:8Z6Gx0Gs0

私が定義した幻想郷は秋田か岩手、これがモデルになったという解釈を述べているにすぎない。ただ今までおきている異変がどうも原作の異変と重なるものがあります。確かに私が住む土地には霊夢魔理沙といった名前の少女は存在します。

霊夢が住む神社にはZUN氏もいました。ZUN氏は長野からわざわざこちらへ来て話しをするみたいです。

叩かれるのは覚悟しています。信用されないならそれでもいいです。ただ似ているだけなのかそれとも本当は別に幻想郷はあるのか、ただ今まで別に幻想郷があるというのは聞いたことはないです。

 

234 :自称幻想郷の人:2010/11/18(木) 08:31:01 ID:8Z6Gx0Gs0

空は飛べません。地上で素早く動くのは可能です。私単体で空を飛ぶのは物理的に不可能です。

ただし自分の霊的な分身を作り、上空に飛ばし地上と上空で攻撃するのは可能です。私の戦闘スタイルはこんな感じです。分身視点の場合SIRENというゲームの視界ジャックみたいな視点で見て操作します。2つの視点で攻撃をしなければいけないので、扱いは非常に難しいです。

 

235 :自称幻想郷の人:2010/11/18(木) 08:52:24 ID:8Z6Gx0Gs0

追記

ですが空を飛んだりするだけが魔術ではございません。喚起魔術や霊的な術式を組み込めば戦うことだって可能ですよ。霊的に空を飛ぶならアストラル体(幽体)をお勧めします。

 

238 :自称幻想郷の人:2010/11/18(木) 12:04:45 ID:8Z6Gx0Gs0

私が初めて会ったのが8年前であの時10歳くらいでしたね。私も10歳でしたので今18歳くらいです。

ちなみに力は神道や魔術の本を読めば身につきます。魔術の本は普通に図書館から借りることもできます。

本屋に行けば普通に売ってます。ネットでも魔術を学べる場所はありますよ。IOSという魔術結社があります。

その結社では魔術を学びたい人に1から魔術を教えています。そこをお勧めします。私はちゃんとした師から学び能力を会得しました。私のはちょっと魔術と違いますね。

 

240 :自称幻想郷の人:2010/11/18(木) 15:22:54 ID:8Z6Gx0Gs0

まずは紅魔郷異変から。

夜遅い時間に偶然か分かりませんが、目が覚めたら朝なのかと勘違いして窓を見たら空が赤いのですよ。

何事かと思い家族に空が赤いことを伝えるため起こそうとしたのですが何回起こしても目を覚まそうともしない。誰か中に入った跡がありドアが開き放し、家中変な煙みたいなのが立ちこもっていました。

私はなんともないみたいでした。外に出たら魔理沙がやってきて大変なことがおきてるから手伝ってくれと言われ、魔理沙のあとをついていったところ妖怪がうじゃうじゃいました。なんとか魔理沙との連携で倒しました。その後霊夢の神社に向かったのですが霊夢がいなかったので魔理沙に場所を聞くと変な洋館に向かったと言うので一緒にほうきに乗り向かったところ洋館周辺にルーミアが待ち構えていました。

 

245 :自称幻想郷の人:2010/11/18(木) 17:16:52 ID:8Z6Gx0Gs0

そういえば7年前に紫が現実であなたがいる土地はほんのごく一部でしかないとか言っていた記憶があります。

こちらで起きていることがあちらでも起き、あちらで起こることがこちらでも起きる。互いに触れることすらできない。互いに干渉されない。私はそれを行き来しているとか言ってました。

私自身別に幻想郷が存在していることは聞いたことがありませんが、そのもう一つの世界というのがどうも気になります。存在している者も同じ時を感じ、同じように生きているとか言ってました。ただしこちらと違うのは、こちらの土地の世界は人間が発展しあちらの世界は妖怪や神が発展した異なる文化の世界ということを話してました。ここからは推測ですが別に幻想郷が存在するなら行ったと言っている人が言う幻想郷は紫が行き来しているもう一つの世界ではないかと思います。

 

254 :自称幻想郷の人:2010/11/18(木) 20:48:57 ID:8Z6Gx0Gs0

私が知る結界は妖怪や強力な亡霊の住む家や土地を隠す効果を持ってます。神社や花畑と言った人に見せるための土地は隠したりしません。

結界がなければ容易に科学の力を持った人間たちが入ってきてしまいます。そのために人間たちが触れてはいけない部分に霊的な結界を貼り境界を決めました。

それが1000年前の出来事です。そして本来の妖怪の歴史そのものを歴史を隠す妖怪に頼み隠しました。まず昔今関係なく移住してくる者には本来の歴史は分かりません。私たちの土地に最初から住んでいる者の中にも本来の歴史を知らない者はたくさんいます。ごく一部の者しか知りません。そのごく一部の者は妖怪や強力な亡霊を先祖代々守っている家でございます。私の家や霊夢の神社はその代々守っている家です。

 

284 :自称幻想郷の人:2010/11/19(金) 05:49:15 ID:.sq6taB.0

はい、未来から来ました。別の時間軸の幻想郷から ただこの時代の幻想郷は皆はいない時間軸の幻想郷です。 今度こそ間違いなく病気扱い妄想扱いされても仕方ない。たまにあちら(幻想郷)と連絡してます。もう正直に言います。この時代の幻想郷の存在は確認されていません。結界の仕組みが土地そのものを完全に隔離しています。そして土地も別の場所に存在している。私が知っている幻想郷は秋田県にありました。これは確かです。

 

290 :自称幻想郷の人:2010/11/19(金) 12:58:24 ID:.sq6taB.0

局所的な結界の張り方ですか?

お札みたいなものを貼り付けて結界を張り、亡霊や妖怪の住む土地と人間の住む土地に境界を作り境界に結界を張る。

あとは紫の境界を操る程度の能力で人間が住む土地と妖怪が住む土地を触れさせない仕組みを構築する。このことで人間の目から視認できなくすることが出来ます。

その方法をそれぞれの場所で同じようにやります。

 

294 :自称幻想郷の人:2010/11/19(金) 13:46:54 ID:.sq6taB.0

性別 お答えできません。

 

年齢 こちらだと18で本来は60くらい

 

職業 ある屋敷の庭師

 

私が住む時代は境界を越えれば科学力を持った人間の世界で境界に入れば魔法使いや妖怪たちが空を飛ぶ世界

 

時間軸には今は戻れません。

分身の霊体ならば戻れます。

 

303 :自称幻想郷の人:2010/11/19(金) 15:56:08 ID:.sq6taB.0

ZUN氏はどの時間軸にもいますよ

 

あの方はこちらの時代でも私がいた時代でも必ず物語の中心はあの人です。

 

同じだがどこか違う

 

ここの幻想郷も一片でしかないかもしれない。

 

だから見てみたい。この世界の幻想郷を

 

たとえ違ってもいいから見たいですね。

 

316 :自称幻想郷の人:2010/11/19(金) 20:33:04 ID:.sq6taB.0

1 庭師はあちら(幻想郷)での職業です。

2 秘密

3 和風

4 あちらだと庭の手入れや木の枝を切ったりですね。

5 剣術を扱う程度の能力

6 剣技を使うスペカですね。

 

320 :自称幻想郷の人:2010/11/19(金) 21:10:58 ID:.sq6taB.0

ZUN

種族 酒と創造の神

能力 酒で世界を創造したり改変したりする程度の能力

スペカ

酒符 酒世創造

酒符 宴ノ時間

酒神 酒神爆裂

酒神 天地改変

ZUN氏はもちろん創造神であり異変の影の首謀者です。

 

329 :自称幻想郷の人:2010/11/19(金) 22:35:50 ID:.sq6taB.0

夢で行った人の中の幻想郷がもし精神的な世界であった場合それはその夢を見た本人のアニマ(精神的に自分が想像したイメージを具現化した存在)です。

それが無意識のうちに夢として現れている。この世界の幻想郷はもしかしたらそれなのかもしれません。イメージ、つまり幻想。

イメージが辿り着いた境地、この世界の幻想郷はこれだったら現実で見つからないのも当たり前ですね。

夢ならば空を飛ぶことだって出来ますね。

 

自称幻想入り経験者 その2

 

クリックで表示

670 :名前が無い程度の能力:2010/12/01(水) 01:50:30 id:o0lHjfwk0

今となっちゃ誰も信じない話だが幻想郷に一時期居た俺が一つ教えてやる

俺の昔の友達を道具のように扱う東方ファン様なんかに本当は教えたくないがそんな事言ってる余裕もない

今後幻想郷は滅びる可能性が高いから助ける可能性探さなきゃならん

 

幻想郷に行く手っ取り早い方法の一つは幻想郷に関係ある土地に行くことだ

結界のほころびだか何だかがある可能性が高い。これは一般人でもあっさり抜けられる

俺はこのパターンだったから地続きとかはそんなん関係ねえな

まあ地続きでいく方法もあるのは確かなのはあっちで聞いたが、ZUNに惑わされすぎ

そもそもあんな奴信用していいのか?

何で俺と何人かの人間が可能性として外に出されただけの幻想郷を奴が知ってるんだ?

ZUNは相当きな臭いぞ、調べられる奴は調べとけ

奴が幻想郷の救い手になるつもりか破壊者になるつもりかはわからんが怪しい

東方は幻想郷の実在を隠すために作られてるとかそういう可能性もあるしさ

俺は昔ZUNと一緒に東方projectを作っていたって奴が裏で何かしてるんじゃないかとも考えているが

 

妄想か創作だと思うならそう思ってくれて構わない、俺だってこんな客観的に見たら電波妄想ちゃんな話が信じられるとは思ってないしね

だけど少なくとも俺の居た幻想郷はもう長くないから助けが必要だ

俺だって戻る方法必死に探したりこっちで原因探してるけど、俺の話なんて今となっちゃ信じる奴もいない

10年以上前から俺は幻想郷を知っていたのに、オタク文化にゃ明るくなかったから東方projectなんて知らなかった

ただでさえ信じてもらえない話が東方projectなんてのが広まったせいでもっと信じてもらえなくなった

だからもう信じる信じないじゃなく単純に手数が必要

少なくとも行く方法については闇雲に探すよりずっといいと思うぜ

例えば文が昔居た高尾山とか。まああれは俺が入ったところだから修正されてそうだが

 

あああと探すならちょっとはサバイバルの準備しとけよ

俺は向こうついた時は子供で偶然文に助けられたけどそんな可能性は低い

妖怪は話し合いでなんとかなる可能性もあるけどあそこは野生の獣だって居るんだから

 

672 :名前が無い程度の能力:2010/12/01(水) 03:21:04 id:o0lHjfwk0

>>671

詳しくは知らんが、俺がこっちに出た時期は東方projectで言う風神録地霊殿の間の時期

紫が何人かの人間と半妖怪の俺を人間に戻して外に可能性として送り出したってわけ

俺と、幽香さんの恋人と後は里から適当に数人だったかな?

ヤバいとは書いたがまだ数年か十数年余裕はあるみたいだったし、

それにこの現代から同じ時代の幻想郷に必ず行くとは限らんからそんな大急ぎではない

だけど東方projectが怪しすぎるから不安なんだよな

まあ俺は幻想郷が危ないってこととZUNが怪しいってことを伝えたいだけだ

 

綻びの場所はぶっちゃけわからん、あっちの妖怪や人に関連する場所を探すしかない

例えばパルスィなら橋姫に関連する土地を巡ってみるとか

まあ俺は地霊殿の異変より前にこっち出たわけでパルスィが本当にいるかは知らんが

 

ああ、あと幽香さんの恋人って書いて思い出したけど、

あっちの妖怪とか人で何人か恋人持ち居るからその人好きなら行かない方がいいかもしれない

文と幽香さんは確実にいる、鈴仙ちゃんと美鈴さんと魔理沙はたぶん気になってる人が居る

あ、あとレズ趣味持ちは全然居ないからそういう目的で行くのもやめとけよ

 

703 :名前が無い程度の能力:2010/12/01(水) 22:14:08 id:o0lHjfwk0

ID変わらんうちに答えられることだけ答えとくわ

 

>>674

能力は微妙だけどあっちでしっかり特訓すりゃある程度は強くなれる

5年くらいがんばって修行して対妖怪の武器とかそろえりゃ普通の妖怪くらいには強くなれるよ

言ってみりゃあ魔理沙だってもともとただの人間だしね

もっと強くなりたいなら永琳さんとこで肉体改造とかドーピングとか河童と仲良くなって道具もらうとかさ

 

>>675

紫さんの話だとパラレルワールドがあるらしいが詳しくは知らん

 

>>681

まあそう言われても当然だな

証拠も何もねえからなあ、東方projectが世に広まる前から記憶持ってたってくらいで…

人間→妖怪もどきになった俺だけど危ないからって元に戻されたし力ももうほぼない

ちょっとした不思議な力なら使えるけどそれもちょっとトリック使えばできるようなもんだし

 

>>682

実は向こうでもたまにだけど海産物とか手に入るのよね

外と行き来の許可出てるそういう専門の商売妖怪みたいなのが居るんだよ

まあファーストフードとかは入ってこないし面白がる妖怪も居るだろう

あ、でも最近の妖怪はあんま人食わんしそんなビビらなくてもいい

問題は獣と妖怪が混ざって知性の低い奴だ、基本獣だし火とかあったほうがいい

 

>>686

俺が幻想郷行ったのは本当偶然

当時年齢一桁で高尾山だからたぶん遠足とか家族旅行の類で、はぐれたらいつの間にか幻想郷

 

他の人とは連絡取り合おうにもどこにいるかわかんねえんだな

幽香の恋人はカズマって名前だったと思う

25くらいの優男だったな

 

706 :名前が無い程度の能力:2010/12/01(水) 22:30:18 id:o0lHjfwk0

後不安な人のために書いとくと最近の幻想郷はわりと安全だからそんなビビる必要はない

人間と妖怪の交流も進んでるし、里だって最近はある程度近代化してるからね

昭和とかは行かないけど明治の都会風の建物とか技術もあっちでアレンジされて普通に使われてるし

まあそれはほんの一部でほとんどはわりと農村っぽい雰囲気かな

 

妖怪と人間の仲は良好、普通に里に危険な妖怪以外は出入りできる

人間と妖怪の恋も珍しくないね、特に外から来た人は妖怪とくっつくか帰るかのほぼ二択だし

ぶっちゃけ里にあんまり外の人間って関わりないから居つく奴は大抵妖怪と仲がいいよ

 

あと期待している人には悪いがこっちでいう二次設定みたいな性格した人はあんまりしてない

かといってキツすぎもしないし割と普通

特に誤解されてそうなの何人か書くと、

幽香さんは普通に優しいお姉さん 怒ると怖いが

文は他の天狗と比べて真面目で、明るい性格 あんま捏造とかはやらん

早苗ちゃんはちょっとバカっぽいけど普通にいい子(ただこっちで言う地霊殿以降は知らんから微妙)

魔理沙とアリスとパチュリーは普通にそこそこ仲いいけどレズとかではない

 

正直胡散臭さがきついかなあと思って書かなかったけど、ここまで胡散臭い話して今更胡散臭いも何もないか

文の恋人って俺ね、よくある名前だし晒しとくとジョウって言うの

もし俺の居た幻想郷に行けたら文にジョウは元気でお前のことをまだ好いているとでも伝えといてくれ

新しい恋人とか居たら言わないでいいからね 新しい幸せがあるなら俺なんて忘れて幸せで居てくれりゃいい

 

710 :名前が無い程度の能力:2010/12/01(水) 23:05:35 id:o0lHjfwk0

>>709

俺だってまさかこんな事態になるとは思ってなかった

だから確実な証拠なんてもんは残念だが一つもない

メモは探せばあるかもしれないけどそのメモが東方projectが広まる前に書いたって証拠は出せないし

こっちの友人に90年代の頃話したことはあるが、それをここで証明できるものもないしな

 

あ、ただ幻想郷縁起はZUNの編集した奴じゃないの本物がこっちで出回ってるのを一度見た

あの時は2000年前後で、今思えばこうなるなら押さえときゃ良かったな

東京の中央線周辺の古本屋のどっかにあったから、またそれが流れてどっかの古本屋にあるかもしれない

暇な奴は探してみるといい 派手な本じゃないしわかりにくいけどな

 

713 :名前が無い程度の能力:2010/12/01(水) 23:20:52 id:o0lHjfwk0

>>712

どうもこっちに来てから昔思い出して寂しいのもあって無気力な暮らしで最近記憶力がね

昔のことならかなり覚えてるけど

確か中央線の東京~武蔵境間の駅で、駅からそう離れてない場所にある古本屋だな

 

本の外見はなんつーかいかにも昔の本って感じで、特に目立った外見はないな

たぶん阿求ちゃんの先代の書いた奴



720 : ◆HttdIfwO7I:2010/12/01(水) 23:55:46 id:o0lHjfwk0

>>715

ああ一応半分くらい妖怪だからそう書いたけど正確には天狗もどきだよ

正式に天狗になるにゃあ妖怪の山でしっかり儀式やら認定やらなんやらが必要なんだろうけど、俺は新参でそんなん無理だし

それに文とか一部を除く天狗のクソどもは大嫌いだったしね

パチュリーさんの魔法とか永琳さんの手術で一応体の構造とかだけ天狗にしてもらった

足りないところは河童の機械でカバーしたりね

そういう感じで後付の強化ばっかりやってたから、

外に出すのに外せばいいから都合がいいってんで外に出るメンバーに選ばれたの

 

もしものときのために一応トリップつけとくわ

話せることは大抵話したからしばらく話すことはなくなると思うけど重要な質問とかなら答えますよ

 

726 : ◆HttdIfwO7I:2010/12/02(木) 00:36:34 ID:8gPYb/zE0

強化に関してはライダーマン仮面ライダーの中間みたいなもんだな

ある程度肉体を改造+アタッチメントで体にとりつける

外の人間が向こうで強くなりたいなら色々な妖怪とコンタクト取ってコネ作るのがいい

 

756 : ◆HttdIfwO7I:2010/12/02(木) 18:05:41 ID:8gPYb/zE0

>>755

幻想郷のイメージとしてはそれが近い

幻想郷は外じゃ進化についていけず生きていけない人に妖怪に土地

そういうのが集められて穏やかに暮らすための土地って表現してる人も居たね

 

760 : ◆HttdIfwO7I:2010/12/02(木) 19:40:26 ID:8gPYb/zE0

>>759

自分でも追放は考えたが十年位平穏にやってたから大して問題は起こしてないと思うがな

この現代で外に妖怪なんて滅多にいないし、妖怪だけで解決できる問題なら紫が勝手にやるだろう

もっと何かスケールの大きい、もしくは逆に小さすぎることで問題が起きているような気がする

それで東方projectが怪しい気がするから、

いざという時のためにまず幻想郷が実在する証拠を掴むのがいいと思った

証拠を持ち帰るくらいなら入りさえすれば簡単だから、鉄砲は沢山用意したほうがいい

それでとりあえずここに書き込みしたわけだ

 

妖怪から戻された件に関してはこっちじゃ妖怪なんてロクに生きていけないから

それに俺にはこっち出身で戻る場所も一応用意されてたし

 

戻れないのは単純に妖怪じゃなくなったからじゃないかな?

そもそも俺が入ったのは偶然だし

連絡がないのは

・既に幻想郷が滅びた

・幻想郷がある程度こっちで既に細工されてしまったためアクセスができない

これのどっちかじゃないかと思う

こっち来る時と来て少しくらいの時に連絡あったからね

それ以前に定期連絡は来る予定だったし、それでおかしいと思ったから調べてる

 

まあやっぱり俺が追放されたって可能性もあるかな 考えたくもないが

 

762 : ◆HttdIfwO7I:2010/12/02(木) 20:02:27 ID:8gPYb/zE0

滅亡の理由と可能性はもう聞いた話でしかないからさっぱりわからんな

そもそも俺そんな大妖怪とかじゃなくて顔が広いだけの平均的な妖怪だし

まあしかし外の世界から侵略されるとか物理的なことではなさそうだ

外の兵器くらいなら妖怪でもある程度対処できるし、最悪人だって改造すれば兵器積める

物理的な要素の滅亡だとしたら超技術の宇宙人とか?まあそれはないと思うけど

 

明日から仕事休んで2日くらい山篭りなんでしばらく質問とか答えられないわ

まあ俺の話なんて自分でも客観的に見りゃ信用できないし居なくてもいいよな

伝えられることで思いついたことは大体書いたから後はあんたらの幸運を祈るよ

 

778 :名前が無い程度の能力:2010/12/02(木) 22:12:41 ID:8gPYb/zE0

全部書いたぞ、長えよ

>>696

 

>今何歳?

29

>幻想郷への出入りは入ったときと出たときの2回のみ?

それだけ

>「幻想郷に関係ある土地」に「結界のほころびだか何だかがある可能性が高い」ということは、結界自体はそこらじゅうにある?

あると思う、どこにでもじゃないが幻想郷と関係ある場所に欠片のように

>求聞史紀等によると迷い込んだ人間を霊夢が帰すことがあるらしいが?

さあ?俺はそのまま居ついたしどうやって帰すかは知らない

霊夢から紫に連絡が行くとか?

>「野生の獣」の具体的な種類は?

危ないのだけ書くと俺は狼(野犬かも)に襲われて、猪とかも居るね

>「風神録地霊殿の間」の具体的な時期は?またそのころの幻想郷の様相は?

早苗ちゃんが来ての騒動が終わって、地霊殿の事件が起きる(神社の横に何かわくんだっけ?)の前

幻想郷の様子はレミリアの異変の前とかよりかなり安定してる 人間と妖怪の歩み寄りも進んでる

>妖怪は出さなかった?送り出された人間は具体的にはどんな人たち?

これも書いた

>お前は何なの?

これも書いた

>>俺だって戻る方法必死に探したり

>これはどういうこと?

証拠が欲しいから幻想郷に一旦戻りたい それと流石に寂しいので会いたい

衆道は?

申し訳ないがホモ質問はNG

 

>>727

 

>>人間→妖怪もどきになった俺だけど危ないからって元に戻されたし力ももうほぼない

>>外に出すのに外せばいいから都合がいいってんで外に出るメンバーに選ばれたの

>どっち?そもそも外せばいいなら最初から素の人間が選ばれるのでは?

俺の力はほぼ全部後付なので外しやすい

俺は文が向こうにいるから無責任に逃げ出さないだろうってことで選ばれた

幽香の恋人も同じだね、あっちはただの人間だが

>具体的な様式などは?

そこまで明治詳しくないから知らん 洋風の建物とか電気みたいなのもあるってこと

 

>>こっちの友人に90年代の頃話したことはあるが、

>>あの時は2000年前後で、

>こちらにいた時期と幻想郷にいた時期の詳細は?

90年代は普通に間違えてた、すまん 年齢ごちゃごちゃだからね

1999か2000年のどっちかに幻想郷入りして、着いたのが紅魔郷の異変の5,6年前

そっから10年位居て、その後元居た時代に戻る

>具体的な装丁、状態、値段等は?

状態は普通に古ぼけた本 装丁は書いたけど普通の昔の本って感じ 値段はわからん

>ID:.IR0z3UE0の言ってることはどうなの?

知らんなあ

別の幻想郷だったりもしかしたら同じ幻想郷の人なのかもしれないけど、

俺だったら信用してもらうためにもうちょっと普通な雰囲気で答えるよ

 

779 :名前が無い程度の能力:2010/12/02(木) 22:17:48 ID:8gPYb/zE0

>>733

 

>1 幽香と文以外他に誰かと付き合っている東方キャラは誰ですか?

たぶん居ないと思う 顔広いとは言え付き合いない人と知らない人もいるから断定は出来ないけど

>2  もう一度高尾山に行って幻想郷に行こうとしましたか?

行ったよ、最近は色々関係ありそうな場所出かけてみたり山で一泊してみたりしてるよ

収穫はほぼないな、今一般人だからいける範囲広くないのもあるけど

>3 あなたの能力を教えてください。

能力とかないよ ありゃ自分のできることを能力って言ってるだけだろ?

強いて言えば体に色々機械をくっつけられる能力?

勘違いしてる人いるけど弾幕ごっことかだって実際はただ物投げたりしてるだけの人もいる

もちろん魔法撃ってるのもいるけど

>4 幻想郷に戻ればその能力は使えますか?

能力っつーか改造だからまたやれば使えるでしょ 下地の体をちょっと鍛えなきゃいけないと思うけど

>5 ZUNさんが怪しい理由を教えてください。

東方projectをやってることと幻想郷について知ってること

ZUN以外にも昔ZUNと東方を一緒に作り始めて別れた奴とか怪しいと思って調べてる

 

>>773

わからないから調査ともしもの時の生き残りのために出た

戻り方自体はいくつかわかるよ

妖怪とか化け物になって結界通過、綻びから入る、直接紫さんとかが引っ張る

後は知らん、そもそも解決したら直接帰る予定だったし

 

>>776

カメラは普通に手に入る

写真も化け物だから撮れないみたいなのはないはず

外の世界に出ても写真変化みたいな不思議現象はたぶんないが言い切るのは無理



まったくこんだけ長文になると自分でも胡散臭さ全開すぎて困るわ

長文ってそれだけで見る気なくすし怪しいから書きたくなかったよ

 

783 :名前が無い程度の能力:2010/12/02(木) 22:41:39 ID:8gPYb/zE0

>>780

普通に年齢も修正されて、入ってきた時期に帰った

カズマも同じように年齢修正後元の時期に

他の人は外出身じゃないからわからんな

あと出された奴らは記憶にある程度鍵かけられてる

俺は出てきて少し後の連絡時に鍵外してもらったけど、カズマの時代は俺より5年遅い

だからあっちは鍵外してもらってないかもしれない

鍵かかった状態でもある程度ぼんやりとは思い出せるけどね

>>782

まったくだな 冷静に俺のレス見返してもただの妄想にしか見えねー

ま、関わりある土地を探すって奴試せる奴は試してみてよ

何の目的もなく探すよりかはよっぽど可能性あると思う

 

明日は出かけるの早いし寝る

運よく山から生きて帰ってこれて、なんかしっかりした情報掴んだらまた書くわ

 

859 : ◆HttdIfwO7I:2010/12/05(日) 18:44:40 id:k00x2RLg0

>>853

普通に帰ってきました

まあログ読んでも俺みたいに疑ったほうがいい連中ばかりこのスレにくるし、

俺が居ると話進まなくなるかもしれないし書き込まないほうがいいかなと

書けることは大抵書いたし

 

山は犬山の天狗神社ってのがあるとこに行きました 宗教信者が山をウロウロしてるって噂のあるところ

何にもなくて拍子抜け

ZUNがもしかしたら幻想郷に行く人を助けようとしているって可能性も考えて、

最近の異変は宗教がらみも多いし宗教関連の場所に何かあるかもって思ったんで行った

でも噂みたいに宗教の信者が襲ってくるなんて無かったし怪しい場所も無し

用心して明かりは最小限にしたり服まで迷彩にしたのに意味なかったわ

探し足りないのかもしれないけど遠いから何度も行けるもんじゃないしなかなか辛い

 

まあどっか行ってなんかあったらまた書き込みます

レポは俺の昔と関係ないしたぶん名無しでやるけどね

確実な手ならトリップを使うこともあるだろうが


感想

 

クリックで表示

幻想入り経験者は本物がいる可能性もあるので基本的に信じる方針なんですが、言ってることが真実だとしても中身があんまりないなぁと...